不倫調査の際の注意点
2017.05.23

探偵グッズ不倫調査や浮気調査を行う際にはいくつか注意すべきことがあります。

1つ目は、絶対にバレてはいけないということです。
調査がバレてしまうと、不倫をしている証拠を押さえられなくなるばかりか、後々に離婚するとなった時の話し合いにもつれが生じる可能性があります。
仮に不倫の真実がなかったり、認識の誤りであったりしても、「自分は不倫を疑われていた」という事実が、夫婦生活に支障をきたすことは避けられないでしょう。
調査をしている段階で不倫の証拠を得始めると、日常生活で相手と接する時の対応に誤りが出る場合があります。その誤りが相手を疑心暗鬼にさせ、調査に支障をきたすような事態を起こすことがあります。
不倫調査は確固たる証拠が出るまでは、続けなくてはなりません。高い費用を払うにも関わらず、失敗に終わるわけにもいきません。

2つ目は、不倫調査には自分自身も全力で協力をしなくてはならないということです。
調査を開始する際には、どういった経緯で不倫を疑うようになったか、夫婦や家族の生活習慣のこと、行動パターンなどを事細かに説明する必要があります。
もちろん、個人情報の扱いには探偵事務所や興信所等も慎重にはなってくれますが、話さないことには始まりません。
話すことが辛いという方もいらっしゃるかもしれませんが、不倫の有無を調査するということはそういうことなのです。何でも話す覚悟で事務所に向かうようにしましょう。
精神的なダメージを受けることは避けられないでしょうから、しっかりとご自身のケアを行いながら調査を進めるようにしましょう。

3つ目は、調査費用のことです。
調査には探偵や興信所に依頼を出すことになりますが、依頼先ごとで費用の設定は大きく異なる場合があります。この費用をよく確認するようにしましょう。
また、お住まいの地方によっても異なりますが、大都市である大阪で探偵を雇う場合は、「1時間あたり4000~5000円」くらいになるでしょうか。また、「証拠を押さえられない場合は一部費用を免除」しているところや、「利用する調査方法によって費用が変動」といった設定がなされている所もあるようです。
これらの料金は、素人目にはよくわからないことがありますから、依頼先とよく相談して明確にしておく必要があるでしょう。

この相談をする際にも辛い瞬間があるかもしれませんが、お金のことはしっかりと考えておかなくてはなりません。あやふやにしたまま依頼するのは避けるようにしましょう。
調査が終わっても生活は続きます。できるだけ早く結論を出したい方もいらっしゃるかもしれませんが、むやみに費用が高い所へ依頼したりせず、後々のことも考えた依頼を心がけましょう。

また人も多い分、浮気の調査は大阪などの都市部では需要があり、混雑している場合も予想されます。ご自身の今後のスケジュールと照らし合わせた上で、利用をご検討ください。

▲ ページトップへ